メモ用紙

メモ

今日の『Qさま』を見ていて思ったこと

大学が休みに入ったため、1週間ほど前から実家に帰ってきている。

下宿にはテレビを置いていないので普段見ないのだが、実家でリビングにいるとほぼ必ず家族の見ているTV番組が目に入ってくる。

今日の夕飯時にはテレビ朝日のクイズ番組『Qさま!!』が流れていた。

スペシャルということでか東大生の正答率と比べてどうのこうの、という企画をやっていて(こっちはどうでもいいのでうろ覚え、グループ単位の対抗戦で、グループ内正答率が東大生正答率より高かったらポイントになるといった形式だったと思う)、その中での1問に関わる内容について少し思うところがあった。

歴史上の人物の顔を隠したVTRを流して誰か当てろという問題。ローマ進軍の動画が流れ、ヒトラーと握手をしている人物が誰かということだった。答えはムッソリーニだった。

その中で一人、ヒムラーと書いた回答者がいた。おそらくハインリヒ・ヒムラー(ハインリヒ・ヒムラー - Wikipedia)を書いたんだろう。というのは検討がついた。(間違ってるのはまた別の問題として)

それに対し、雛壇にいた芸人(確か山崎弘也)が、ヒムラーって誰だよといった発言をし、会場は間違えた回答者を笑っていた。(おそらくヒトラーか芸人のバナナマン日村をもじったのだと勘違いしたんだろう)こんなやりとりを放送するなら、きっと解答VTRの中でハインリヒ・ヒムラーの方についても軽く触れるんだろうなと思っていたが、それに全く触れられることはなく、次の問題へさっさと移ってしまった。そこで、これってまずくないか?と思ったのだ。

 

勿論ハインリヒ・ヒムラーはそこまでメジャーな人物ではなく、みんなが知っているわけではない。しかしそれをネタにした発言を放送しておいてそれに対するフォローが一切ないのはいかがなものか。収録の都合としてもこんな人がいたというのは編集できたのではないか。

フォローがなかったことで、山崎弘也は無知を露呈してしまったことになるし、回答者は晒し者にされてしまったし、視聴者は豆知識としてヒムラーについて知ることはできず、単なるバナナマン日村のもじりネタとしてしか捉えることができなかった。

ネタとして放送するならこういう場合フォローを入れないでどうするんだ?といった感じ。ヒムラーをネタとしてとりあげながら一切それに関する知識はない。クイズ番組がそれでいいんだろうか……。

そんなもの誰も求めてないのかも知れないが、ちょっとした豆知識やトリビアを得ることができるのもクイズ番組の良さだと思っていたので、こういうのは非常に残念。